インタビュー

4.9 BOM14 1stSTAGE 第8試合 駿太 [公開] 2017.3.24
2017年4月9日(日)に新宿FACEで行われる「BOM14」にてテープジュン・サイチャーン選手と試合を行う、駿太選手のインタビューを公開しました。
『 倒しにいくので倒しにきてね(笑) 』
駿太
◆ Profile
リングネーム:駿太
所属:谷山ジム
出身地:愛知県名古屋市
誕生日:1982.4.6
身長:172cm
通常体重:62kg
Bigbang スーパーフェザー級 王者
第15代 MA 日本フェザー級 王者
第2代 WMAF 世界フェザー級 王者
WMC 日本 スーパーフェザー級 1位
――今回、テープジュン・サイチャーン選手とWMC日本スーパーフェザー級王者決定戦で対戦することが決定しました。
駿太「ジュン君とは仲がいいので、最初、相手の名前を聞いて嫌だなと思いました。スタイル的にもやりづらい相手です。試合をやるからには気持ちを切り替えますし、観る側も仲のいい2人がどういう試合をするんだろう?と思いながら見て欲しいですね。あと、SNSで相手は『自分の方が強い』と言っているのを見たのでモチベーションも上がってます」
――テープジュン選手とはどのぐらい仲がいいんでしょう。
駿太「共にMA日本キックのリングで試合をしていた時から知り合いで、30歳を超えたぐらいから一緒にご飯食べに行ったり、ジュン君のジムで練習したことあり、普段から親交があります」
――今までに、いつか対戦するんじゃないかと意識したことは?
駿太「何となくは思ってました。ジュン君はしばらく試合をしていない時期もあったのでやる可能性はありそうでないかな?とも思ってました」
――一緒に練習したときはどういう印象がありますか。
駿太「一回マススパーリングをやったり、ミットを持ってもらったりしました。ジュン君のファイトスタイルは、今までにやった久世秀樹や一戸総太のような相手の光を消すようなタイプなので僕は苦手です。逆に自分の苦手な面を克服したいので好都合でもあります。自分は試合間隔が空いた時期があり、復帰してからは感覚が戻ってきているのでやりにくい相手でも対応できるというところを見せたいですね」
――テープジュン選手にメッセージはありますか?
駿太「倒しにいくので倒しにきてね(笑)」
――試合後、二人の関係はどうなるのでしょう。
駿太「これまでと変わらないと思いますよ。試合が終わったら飯食いに行こうと約束しましたが、僕が負けたら行きません(笑)」
――現在、2連勝と好調ですね。
駿太「ケガをしないで常に練習を続けていることで調子がいいです。強くなるために試合のない時でも練習は怠らないので結果につながっていますよね」
――以前よりも今の方が強い自信は?
駿太「総合的に見ても強くなっていると思います。昔と比べてると10㎞走ではタイムが戻ってきてますし、スタミナも問題ありません。それプラス戦術やテクニック面で上がっているので、今の方が強いです」
――08年と09年にWMC世界タイトルに挑戦していますが、今回は日本タイトル戦になります。WMCとは何かとご縁がありますね。
駿太「世界戦では2回とも負けているので、また世界挑戦の道が開けるのであればぜひ狙いたいと思います」