インタビュー

4.9 BOM14 2ndSTAGE 第8試合 吉成名高 [公開] 2017.3.24
2017年4月9日(日)に新宿FACEで行われる「BOM14」にてヤックセー・シリラックムエタイジム選手と試合を行う、吉成名高選手のインタビューを公開しました。
『 タイ人の知らない“三日月蹴り”を練習しています! 』
吉成名高
◆ Profile
リングネーム:吉成名高
所属:エイワスポーツジム
出身地:神奈川県横須賀市
誕生日:2001.1.8
身長:158cm
通常体重:45kg
WMC 世界 ピン級 2位
――今回WMC世界ピン級タイトルマッチが決まりましたが、どういう心境でしょうか。
吉成「昨年11月に挑戦させていただき負けてしまいましたが、その時よりも自分が成長したと思えるので今回は自信があります」
――どういう部分が成長していると感じてますか。
吉成「身体がちょっと大きくなったことで少しパワーが付きました」
――前回タイトルが獲れなかった敗因はどういうところにあると思いますか。
吉成「3、4Rに首相撲で勝負されてポイントを獲られてしまいました。あと自分のパワー不足でした。かなり悔しかったので、あの試合が終わってから1日休んですぐに練習を再開しました」
――パワーを付けるためにどういう練習をしてきました?
吉成「過度なウェイトトレー二ングはやっていませんが、少し負荷の軽いウェイトトレーニングをしたり、体重を増やすためにお米やたんぱく質といったものを主に、食事の量を増やしました。あの試合の時より、普段の体重が4kg 近く増えましたね」
――今回の相手についてはどういう印象を持っていますか。
吉成「ファイタータイプの選手だと聞いています。自分はパンチをもらわないようにミドルとかを合わせる練習をしています」
――最近の練習で一番自信がある技は?
吉成「三日月蹴りを練習していてマススパーリングでも使っています。タイ人は知らない技だと思うので当たると思います」
――3月9日にラジャダムナンスタジアムで試合をしたばかりです。その一戦も振り返って下さい。
吉成「相手は首相撲タイプの選手で僕は組みに付き合わないように戦って3Rまでは互角な戦いでした。次第に相手の息が上がっていたのがわかったのでここでミドルをいっぱい蹴れば判定で勝てるかなと思いましたが、相手が来たときにテンカオを合わせてKOすることができました」
――タイでの試合が増えてきましたが、日本で試合をするのとどちらが好きですか?
吉成「日本で試合をして自分の知り合いに見てもらいたいとは思いますが、タイで試合する方が緊張しないで出来るので好きですね。雰囲気とかも日本とは違いますし面白いです」
――昨年はどういう1年でしたか。
吉成「首相撲の得意なタイ人選手に3回負けてしまったので、自分の課題がよくわかった1年だったと思います。今年は一つ一つの試合に集中して全勝できたらいいな、と思います」
――今年は何試合する予定でしょう。
吉成「1カ月に1回は試合出来たらいいなと思います」
――今回のWMC世界王座獲得後には、どういうことを目標にしていくのですか。
吉成「5月にラジャダムナンの試合の予定がもう入ってますので、そこでも勝ってランキング入り出来たらいいなと思います」